黒ずみができやすい人とできにくい人の違い

肌の悩みのひとつに、肌の黒ずみがあります。気付いた時にはすでに黒ずんでいて、汚れのようにも見えるためついごしごしと洗ってしまいます。黒ずみは汚れというよりは、摩擦によって色素沈着を起こしている状態ですので、ごしごし洗うことは逆効果なのです。黒ずみができやすい人とそうではない人がいますが、大きな違いとしては肌自体の強さが関係しています。黒ずみやすい人は敏感肌や乾燥肌の人が多く、元々肌の抵抗力が低いということなのです。肌のバリアが薄いことが多いのですが、バリアが薄いため外部からの刺激に対して過敏に反応してしまいます。

その結果、摩擦刺激などから過剰に肌はメラニンを作ってしまうのです。このメラニンが黒ずみの原因になって、正常な肌の人の場合にはターンオーバーと共に排出してくれますが、敏感肌や乾燥肌だとうまく排出できずに黒ずみになってしまうのです。

つまり黒ずみが出来やすく困っている場合、一番の対処方法としては保湿をして肌のバリア機能を高めることです。バリア機能が高くなれば肌は刺激に対しても強くなり、黒ずみができにくくなるということなのです。オリファの口コミはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *