ハイドロキノンの使用期間について

ハイドロキノンの使用期間は目安として2ヶ月が適切とされています。その理由として、シミの予防成分と知られるビタミンCの約10倍、またβアルブチンの約100倍とまで言われ、『シミの消しゴム』とも呼ばれるほどシミの原因となるメラニンに直接働きかけるので、その分肌への刺激も強く、2ヶ月頃を目安に一旦肌を休ませないといけないということがまず一点目にあげられます。

その他に、ハイドロキノンの保管状態にも気を配らなくてはならず、開封後は中に空気が入らないようにしっかりと蓋をして、冷蔵庫で保存しておくのが理想とされていることもあげられます。

2ヶ月ほどで基本的には効果が感じられるそうですが、稀に早い方であれば2~3週間目あたりから効果が得られ、もし2ヶ月を越えた時点で効果がなかった場合は、肌がハイドロキノンに慣れてしまう可能性もあるので、2ヶ月で一旦使用をストップする方が良いとも言われています。

ハイドロキノンはアメリカではかなり昔からシミの治療薬として使用され、シミ治療と言えばハイドロキノンと言われるほど日常で使われています。メラニンそのものを減らす上に、メラニンの生成もおさえてくれることができるので、一般的なシミやニキビ跡による色素沈着にも効果があると言われています。

ただホクロや生まれつきのシミにはあまり期待ができないということも伝えられています。ハイドロキノンによる白斑の副作用も取り上げられ、今現在では直接の因果関係は認められていませんが、ハイドロキノンを使用する際は、皮膚科の処方に基づいて正しく使用することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *