ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンとは、シミを消すために処方される薬にも配合されているほど美白効果が高い成分です。メラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素の元となるメラノサイトそのものの数を減らすことができるのでシミに効果的な成分として昔から使用されています。しかしハイドロキノンには副作用があるので、安易に使用してはいけません。濃度の高いハイドロキノンは使用時に肌がピリピリしてしまう可能性があります。敏感肌の方は注意が必要ですね。いきなり大量に使用するのは避けて、まずは体の目立たない部分などに塗ってみて肌に変化はないかどうか様子を確認しながら使用していくといいでしょう。そして、ハイドロキノンを使用するからには紫外線に十分注意しなければなりません。本来メラニン色素は紫外線を体の中にいれないように生成されているものです。けれどハイドロキノンによって生成が抑制されてしまうため肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまっているのです。ハイドロキノンを使用するのなら外出時はもちろん、室内にいても紫外線対策が必要ですね。日焼け止めをしっかり塗って肌を守ることをオススメします。SPF20以上の日焼け止めが望ましいですね。また、酸化しやすく保存が難しい成分でもありますし、同じところに塗り続けるのも肌に悪影響を及ぼすので長期間の使用はやめた方がいいでしょう。高濃度のハイドロキノンの使用で白斑が出ることもありますのでくれぐれも気をつけて使わなければなりません。強い成分には副作用があるものです。副作用を理解することはリスクを下げることになりますので、正しい知識を身につけた上で使用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *