ハイドロキノンのシミ対策効果

ハイドロキノンは皮膚科でも処方されるシミ対策に効果がある成分ということが出来ます。このハイドロキノンはシミ、ニキビ跡に対して効果がある美白成分でクリーム、化粧品などにも配合されています。ただ肌への刺激がある事、濃度によっても効果が違ってくることを理解しておいて下さい。ハイドロキノンはシミ、シワの原因であるメラニン色素を生成する原料となるチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する働きがあります。要するにシミが出来る根本的な原因を除去してくれます。実際に肌が白くなる事から肌の漂白剤と呼ばれていますし、濃度が濃いモノやシミのない場所に塗ると白くなり過ぎる、白斑などの症状が出て肌の色が斑になるケースもあるので使用する際には十分な注意が必要です。濃度が1%から3%のモノは肌への刺激は少ないので肌が弱い人にお勧めで、その分効果は少なくなってしまうので時間をかけて徐々に薄くするといったスタンスで望みましょう。紫外線が強い夏を過ぎ秋からのスキンケアなどに使うといいでしょう。美白効果は少ない分長期的に使用することがポイントです。濃度が4%や5%のモノは主に皮膚科などで処方される濃度と言えます。比較的即効性がある濃度でクリームなどで使用する場合は2ヶ月から3ヶ月程で効果を実感できます。刺激が強い分肌が弱い人はピリピリする場合があるので最初は少量塗るようにして下さい。またシミがある場所だけに塗るのがポイントで顔全体に塗らないようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *