ハイドロキノンでそばかすは消える?

美白に有効として知られるハイドロキノン。 お肌の漂白剤とも言われるほどの効果があるとされています。 女性なら誰でも、美白に憧れますよね。 それなのに、意に反して知らない間にできてしまう「そばかす」には敏感になってしまうものです。 そばかすは遺伝的な要素も強いため、気を付けていても、日に当たるとすぐにできてしまう人も少なくないと思います。 なるべくならそばかすは作りたくないけど、できてしまった場合の解決方法を知っておけば心強いものです。 そこで今回は、お肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンがそばかすに効くのか、検証したいと思います。 まずハイドロキノンが肌にもたらす作用は以下の通りです。 ・還元作用(「酸化の逆」とイメージするとわかりやすいかと思います) これにより、肌を白くする効果があります ・酸化防止 これにより、メラニン色素がターンオーバーせず沈着してしまうのを防ぐと言われています。 ・重合防止 メラニンの元となる化合物ができるのを防ぐので、予防にもなります。 しみとそばかすは違うものとも言われていますが、加齢によって増えたり広がったりしたそばかすは、しみと同じようにメラニン色素の沈着によるものとされていますので、ハイドロキノンはそばかすにも効果があるとされているのです。 また、遺伝によってできたそばかすであっても薄くなる効果があると言われています。 ハイドロキノンは、そばかすにも有効なんですね。 ただ、ハイドロキノンは使い方を誤ると逆効果もありますので、注意しましょう。 ハイドロキノン自体は傷みやすく、傷んでしまったものを使うと肌が炎症したり、新しいシミそばかすを作る原因となったりするので、冷暗所で保存しましょう。 また、白斑を引き起こすこともありますので、あまり高い濃度のものは使用しないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *